2010年05月26日

仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)

 政府の行政刷新会議は24日午前、東京・西五反田の会場で、公益法人などを対象とした事業仕分け第2弾後半の3日目の作業を行った。

 経済産業省所管で競輪やオートレースの運営を手がける「JKA」については、車券収入の一部で行う補助事業を対象に議論した。

 仕分け人は、〈1〉補助金の支給先の公益法人などの多くに中央省庁の天下りOBが在籍している〈2〉JKAの利益剰余金が約220億円と今回対象とした法人中、最も多い――などを理由に「事業内容が不透明だ」と指摘した。

 国土交通省所管の関東建設弘済会など8団体が行っている道路やダムの施設管理などの補助業務については、国交省発注の道路や河川工事など関連事業の入札で、8団体の受注割合が高いとして、応募要件の緩和など民間企業の参入促進の必要性などが論点となった。

アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件
<文科省>コミュニケーション能力の育成へ会議発足(毎日新聞)
点滴異物注入で懲役10年=娘3人死傷、母親に判決―京都地裁(時事通信)
「極めて深刻」県幹部会見 主力種牛感染疑い(産経新聞)
法定相続人の定義など相続の基礎を学ぶ(医療介護CBニュース)
posted by イワシタ ツギオ at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。