2010年01月31日

3歳虐待死、父親に懲役6年=裁判員「親なのでショック」−那覇地裁(時事通信)

 長男=当時(3)=の頭部を素手で殴って死なせたとして、傷害致死罪に問われた土木作業員洲鎌初被告(29)の裁判員裁判で、那覇地裁(吉井広幸裁判長)は28日、「動機は短絡的で身勝手」などとして懲役6年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。
 判決後、裁判員を務めた4人が記者会見に応じ、30代女性は事件について「(自分も)親なので正直ショックだった」と感想を述べた。法廷内で遺体の写真を見せられたことについて、20代女性は「本来見たくはないが、事件と向き合うために必要」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる

<人工歯根>使い回しの疑いで歯科医院立ち入り検査 愛知(毎日新聞)
<第2次補正予算案>衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
二の腕、ふくらはぎつまむ 神奈川県職員を停職1カ月(産経新聞)
<ハイチ大地震>「救援自体が混乱」国際赤十字会長が帰国(毎日新聞)
posted by イワシタ ツギオ at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。