2010年03月25日

青森市発注工事で官製談合=前副市長が関与、改善要求へ−業者に課徴金3億・公取委(時事通信)

 青森市発注の道路整備や区画整理などの公共工事をめぐる談合疑惑で、談合しやすい発注方法を指示するなど前副市長の関与が認められるとして、公正取引委員会が、同市に官製談合防止法に基づく改善措置要求を出す方針を固めたことが18日、分かった。
 また、公取委は談合を認定した鹿内組、木村建設など市内の建設業者34社のうち、すでに廃業した社などを除く28社に独禁法違反(不当な取引制限)で、排除措置命令と計約3億円の課徴金納付命令を出す方針で、同日、事前通知した。
 関係者によると、前副市長は自治体経営監だった2006年4月、業者側からの要請に基づき、規模や施工実績などから市がAランクに指定する建設業者を10社ごとの3グループに分類。退職する09年4月まで、市契約課に工事を発注する際の指名業者の組み合わせをグループ通りにするよう指示していた。
 公取委は、前副市長が業者数を絞り、数年間固定することで、談合しやすくさせていたとして、官製談合防止法に触れると判断したもようだ。 

【関連ニュース】
中国での独禁法認可取得=NECエレとルネサス
空自官製談合、悪意ない=「事務量増加が原因」と釈明
防衛省に改善要求へ=空自発注の事務機器、官製談合認定
米司法省、EUも立ち入り=自動車配線カルテル、デンソーなど
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り

高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
学費未納は卒業認めず、7県16校の私立高(読売新聞)
<郵便不正事件>副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁(毎日新聞)
<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
4月25日に県内移設反対集会=県議会全会派が一致、普天間問題−沖縄(時事通信)
posted by イワシタ ツギオ at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

法務局課長補佐、部下の金盗む…カメラに犯行(読売新聞)

 職場で部下の財布から現金を盗んだなどとして、大津署は17日、大津地方法務局総務課長補佐の橋本倫子容疑者(50)(大津市御陵町)を窃盗、同未遂容疑で逮捕した。

 部下が机に設置していた小型カメラに、犯行の一部始終が映っており、発覚した。

 発表では、橋本容疑者は4日午後8時45分頃、同課内で残業中、部下の職員男性(32)が置いていたカバンの中にあった財布から1000円を盗むなどした疑い。調べに対し、橋本容疑者は「記憶にない」と供述しているという。

 男性は所持金が不自然に減っていると感じ、席を立つ際、机にボールペン型カメラを置くようにしていた。法務局によると、昨年9月には別の職員からも被害相談があったといい、同署は余罪を追及する。

 橋本容疑者は1978年に法務事務官として採用。大阪法務局堺支局民事専門官などを経て、2008年4月から現職。

 大津地方法務局の藤田進次長は「法務局職員は最も法を順守すべき立場にある。誠に遺憾で、警察の捜査を待ち、処分を決めたい」と話している。

トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
マンション玄関で腹刺され男性死亡 大阪・天王寺(産経新聞)
<雑記帳>カバの「龍馬」、鹿児島へ(毎日新聞)
乳児・揺さぶられ死で24歳母「育児せぬ夫に悩み」(産経新聞)
二葉百合子さん 引退会見 「今が幕を下ろす時期」と語る(毎日新聞)
posted by イワシタ ツギオ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)

 全日本プロレスの西村修(38)が21日、今夏の参院選に国民新党からの出馬を希望し、最終調整に入っていることを明らかにした。この日、全日本の両国国技館大会に出場した西村は、試合後にリング上でマイクを握ると「長年の夢を実現するため、しばらくリングを離れる。ある先生にも相談しています」と語った。

 西村によると、98年にガン宣告を受けて療養、2000年に復帰した経験が1つのきっかけだったという。「そもそもプロレスは世の中のためという気持ちがなければできないが、その気持ちが一層強くなり、政治への志が芽生えた」という。

 国民新党には共鳴する点が多く、現在は出馬の希望を伝え、党側に預けている状態。22日の記者会見で自身の内面を説明する。23日に公認や選挙区を含めた党の結論が出る見込みという。

 西村は東京都出身。独自の世界観「無我」の体現者として存在感を放ってきた。全日本には07年から所属。映画「いかレスラー」に主演したことも話題になった。06年には慶大通信教育課程文学部哲学科専攻に入学した。

 ◆西村 修(にしむら・おさむ)1971年9月23日、東京都生まれ。38歳。91年、新日本プロレスでデビュー。フリーを経て06年、藤波辰爾らとともに「無我ワールド」旗揚げ。07年から全日本所属。独自のスタイル「西村ワールド」で、IWGPタッグなどのタイトルも手にした。得意技はコブラツイスト、エルボースマッシュ、倒立など。186センチ、105キロ。

 【関連記事】
吉田1年後に柔道指導者OK…プロ格からの転向短縮
「MAP」が朝青に協力求ム…新プロレス団体設立
プロレスラー・木戸修の娘・愛が「桃子2世」目指す!
馳議員、朝青龍にプロレス観戦のすすめ
全日本プロレス 西村修 国民新党 を調べる

「ギャル」研究対象に 電通が“総研” きょう発足(産経新聞)
<マニフェスト>研究会の3会長人事決まる 政府・民主党(毎日新聞)
効果は未知数…高校授業料の無償化(産経新聞)
娘揺さぶりで逮捕の母「首絞めても罪悪感を感じぬ」 堺女児虐待死(産経新聞)
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘(産経新聞)
posted by イワシタ ツギオ at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。